岡山理科大学

生命科学部 生物科学科

TOPコスメ・食品コース
コスメ・食品
コース
近年、ヒトの平均寿命は男女共に伸び続け、日本は世界屈指の長寿国となりました。しかし、健康寿命はそれより10数年短く、よりよく生きるために健康の維持は大切な課題です。人々の生活の質「QOL」を高め、豊かに暮らすには体の内外から健康の仕組みを考えることが重要です。 コスメ・食品コースでは「体の内外から美と健康をサポートする」をスローガンとし、細胞レベルでの皮膚科学、分子レベルでの食品科学を学びます。そして健康長寿の実現へ貢献する研究者・技術者の養成を目指しています。

コスメ・食品コースの特徴

注目の講義を見る

コースでの学びを見る

教員・担当講義

教員 専門 主な講義
安藤 秀哉 教授 老化予防化粧品・メラニン色素生成制御メカニズム解析 香粧品学、コスメティックサイエンス概論
石原 浩二 教授 酵素化学・生体触媒化学 食品バイオテクノロジー、コスメ・食品実験
田所 竜介 准教授 分子細胞生物学・色素沈着メカニズム解析 化粧品開発のための皮膚生物学、皮膚毛髪の発生再生学
松浦 信康 教授 生理活性物質化学 食薬学、食品安全衛生学
山口 悟 講師 味覚変換・タンパク質科学 食品機能学、コスメ・食品実験

資格・就職先

取得可能な資格(申請予定)

食品衛生管理者、食品衛生監視員、中学校教諭一種免許状(理科)*1、高等学校教諭一種免許状(理科)*1、博物館学芸員などの資格取得が可能です。

*1 ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

目指す就職先

化粧品製造・販売、化粧品原料・香料関連、食品・栄養関連メーカーをメインとし、バイオ関連産業、化学医薬品産業、公務員、中高教員、研究職などへの就職を目指します。

よくあるご質問