岡山理科大学

生命科学部 生物科学科

TOP医用生物学コース
医用生物学
コース
医療技術の発展により、これまでは命を落としていた病気の治療で命を長らえたり、ケガを治すことで身体機能を回復させることができるようになっています。しかしその一方で、いまだ克服できない病気や身体損傷もたくさんあります。医用生物学コースでは生物の力で生体組織を修復して病気を治す再生医療や、遺伝子診断・治療、ナノテクノロジーの医療応用といった先端医療を学びます、医療にかかわる製品の生産や開発に携わる研究者・技術者の養成を目指しています。

医用生物学コースの特徴

注目の講義を見る

コースでの学びを見る

教員・担当講義

教員 専門 主な講義
内貴 猛 教授 生体医工学・バイオメカニクス 生命科学のための物理学、人工臓器概論
神吉 けい太 准教授 再生医学・腫瘍生物学 細胞生物学、組織工学、細胞工学、再生医学
二見 翠 准教授 タンパク質工学・細胞生物学 細胞生物学、タンパク質医用科学
松浦 宏冶 准教授 生理学・マイクロ流体工学・生殖補助医療 専門英語、分子生理学、医用ナノテクノロジー

資格・就職先

取得可能な資格(申請予定)

中学校教諭一種免許状(理科)*1、高等学校教諭一種免許状(理科)*1 などの資格取得が可能です。

*1 ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

目指す就職先

医薬品・再生医療機器関連企業、病院(臨床培養士資格取得後)、バイオ産業、公務員、中高教員、研究職などへの就職を目指します。

よくあるご質問