岡山理科大学

生命科学部 生物科学科

TOPバイオサイエンスコース
バイオサイエンス
コース
近年、ゲノム解読技術やIT/AI技術、さらにゲノム編集技術の革新がそれぞれ進展し、これらの技術を組み合わせた新たなバイオテクノロジーによって、潜在的な生物の機能を引き出し、私たちの生活に利用することが可能になってきました。バイオサイエンスコースでは、分子や細胞レベルの生物学を通して生命科学を学び、さまざまな生物を用いたゲノム情報に基づく最先端の研究を行うことで、バイオテクノロジーの基盤となる生命現象の基礎的な理解を目指します。また、「科学的思考力を身につけた理科教員」の養成も目指しています。

バイオサイエンスコースの特徴

注目の講義を見る

コースでの学びを見る

教員・担当講義

教員 専門 主な講義
池田 正五 教授 分子遺伝学・分子生物学 分子遺伝学、進化生物学
南 善子 教授 生化学・分子生物学 代謝科学、細胞分子生物学
八田 貴 教授 応用微生物学・遺伝子工学 遺伝子工学/酵素と代謝
中村 元直 教授 細胞情報学・分子生物学・生化学 細胞情報制御学、ヒト疾患学
猪口 雅彦 講師 植物分子生理学・分子生物学 植物分子生理学/植物科学
河野 真二 講師 分子生物学・分子遺伝学 ゲノム科学、バイオサイエンス実験
長田 洋輔 講師 細胞生物学・生理学・再生医学 発生生物学、バイオサイエンス実験
森田 理日斗 助教 生化学・タンパク質科学 タンパク質科学、バイオサイエンス実験

資格・就職先

取得可能な資格(申請予定)

中学校教諭一種免許状(理科)*1、高等学校教諭一種免許状(理科)*1、食品衛生管理者、食品衛生監視員などの資格取得が可能です。

*1 ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

目指す就職先

バイオ産業、食品産業、化学医薬品産業、環境関連企業、公務員、中高教員、研究職などへの就職を目指します。

よくあるご質問